愛妻へのプレゼント!コスメティックケース

奥様へのプレゼントでお作りしたバニティーケースです。
    *****************************************

仕様の特徴は、なんと言っても焼印版です。
ご自身でデザインされた長さ15cm-幅2cmほどの図案です。
焼印は大きくなると焼きムラが出るので(天然皮革は革組成が
均一ではなく、また、版自体の熱伝導が均一でないので、
焼いた時に強弱がつきます)、重々ご理解いただきお作り
いたしました。

上の写真では鍵の上部分に押してありますが、左側の方が濃く
焼きが出ています。また、上面右側にも押してあります。

ただ、白ヌメに押しているので、時間とともに革が焼けてくると
押した版がはっきりくっきりと濃くなってきます。

2007年12月の納品ですので、そろそろ焼印も目立って来る頃かと
思います。

 *****************************************

 どうもありがとうございました。
バニティーケースを確かにうけとりました。
大変良い鞄になったと家内 共々喜んでおります。

さて、背面2カ所の合わせ部分の端面が赤く塗られていますが、
なんでしょうか。貴社でのチェック済みですから、加工状必要
なものと思っております がおしえてください。
また、このような大きめの焼印を行うことは、今後可能と考え
ておい てもよろしいでしょうか。
ご連絡、宜しくお願いいたします。

   *****************************************

赤いのはコバの処理に使用したものです。
白ヌメは色が焼けてくると、結構赤色が引立ちます。

別注ビリヤードキューケース

ビリヤードのキューケースを作りたいのですが、そういったものは
できますか?
キューとは棒のことで、真ん中から二つに分かれる作りなのですが、
太い方を3本、細い方を5本~6本収納できて、トランクのように手提げ
の部分を縦、横に一つずつ、ショルダーストラップをつけていただき
たいのですが・・・・・・。
こんな説明でお分かりになるでしょうか。
見積もりとしては概算どれくらいになりますか?
    *****************************************
以上のお問い合わせから始まりました。

上の写真で説明いたします。
向かって左側がキューの太い方(バット)が3本、
向かって右に細い方(先の方)を6本納められます。
長さがほぼきっちりに作ってありますので、下の写真の溝部分に
キューを納めて、フタを被せるように押え込む事でキューを留めます。
本体内部にはキューを納める場所の他、左側には4つのポーチがあり、
財布などの小物や、ビリヤードに使用するチョークなどの付属品を
収納するようになっています。

右側の収納スペース(2カ所のベルクロテープつき)は、下の写真の
レインケースを畳んで収納出来ます。

本体にはショルダーストラップを留める部分が2方向についており、
ショルダー掛けとタスキ掛けの2方向で持てるようになっています。

ただ、本体重量がそこそこ重たくなっているので、タスキ掛けは
ちょっとしんどかったかもしれません。

2007年2月のお納めしまし、その後もキューの台座(短いキュー用)の
追加や小物入れの相談を頂いています。

メールいただきました
    *****************************************

先日は、追加パーツありがとうございました。
欲を言えば、小箱はもう少し小さくして、マジックテープで止める棒が、
箱と、ケースの間に収納できると良かったのですが、仕方ないですね。

ビリヤード場に持っていくと、必ず話題になり、みんなが寄ってきて、
見せてくれといわれます。
重さを除けば、みんなかなりうらやましがります。
優越感に浸れるひと時です。
値段を尋ねられると、なかなか答えられませんが(キューより高いので)

ところで、私のケースを、HPに乗せていただいたりということは、
いかがでしょう?需要がなさ過ぎてむりですかね?
良く、「どこで作ったんだ?」と聞かれるので、そのほうがいいかな
と思いました。

またよろしくお願いします。

    *****************************************

ありがとうございました。また必要なパーツなどありましたら
ご連絡下さい。

メルセデス車載用大型トランクベルト付モデル

サイズ:横800-縦420-厚250mm(本体ボディ)
素 材:牛ヌメ革/白ステッチ
仕 様:二方向開閉タイプ

4月初旬にカタログ請求後、早速にお電話を頂き、大阪からご来社下さいました。
その時に乗って来られた Mercedes-Benz 280SL の後部座席にピッタリサイズ
のトランクを、ということで、まずは後部座席のサイズ計測から。

ご存知のように車の座席は真っ直ぐではなくカーブを描いています。
車載時にもふたの開閉をしたいということで、フタ開閉の遊びを計算に入れながらのサイズ取りです。

そこで決まったのが幅800mm-高さ420-厚み250です。
また、車載時にも開閉が出来るよう、フタはパイロットケースタイプ(上画像)の作りで、車の幌を開けた状態で車体に固定したまま鍵が必要とのことで、
バックルに鍵の付いたベルトで固定ということになりました。

フタの開閉に付いては、車載時は上画像の部分が開き、車に積んでいないときは下の画像のように通常のトランクのようにも開きます。下の画像で手前の鍵が3つ付いている面が、上画像のパイロット開閉する部分です。

内部にはフタ内面にジッパー開閉のポケット。荷物押さえベルトは縦方向・横方向の2方向へそれぞれ2本ずつで、着脱式になっています。上の本体内に見える黒いベルトは車両取付け用のベルトです。
後部シートに置いた状態でも、出し入れができるようになっています。
大型のラージトランク錠前。今は国内で手に入りません。ハンドルは伸縮タイプで持つ時には伸び、使わないときは本体側に収まります。
タグです。黒の革に焼き押ししているので分りにくいので、この内容がそのまま焼き押しされています。
車両固定用ベルトは両端を車両に金具留めし、トランクを固定します。
バックルは鍵が掛かり開かなくなりますので、車をオープン状態でも盗難を防ぎます。

7月の末にお収めしました。
が・・・「車載ベルトが5cm短く、取付けたらトランクが届かない」と。
急いでベルトだけ作り直ししましたが、やはり図面上だけで長さを出すのは
無理がありました。